スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ファンティエット 3
- 2007/12/19(Wed) -
071218-1.jpg


載せきれなかったファンティエットの写真集?です。(クリックで拡大)
綺麗な白い砂浜、安くて美味しい食事、潮騒、澄んだ空気。
今までダイビングで色んな国のリゾートに行きましたが、総合的なバランスの良さでここは一番ポイントが高いと感じました。
日本人にまだ知名度が低いのが不思議なくらい。ハネムーンにもぴったりです。
COCO BEACHが受け入れてくれる限り、そしてyuzenzoが元気な限り毎年行きたいと思っているし、将来リタイヤしたらここに住むのもアリかな、とも思っています(^^)


071218-8.jpg

部屋の窓から見える景色


071218-2.jpg

朝の漁


071218-7.jpg

絵画のような景色


071218-6.jpg

テーブルのアレンジフラワー


071218-10.jpg




071218-4.jpg

売り子さん


071218-5.jpg

COCO BEACH RESORT


071218-9.jpg

そこにいた証。


おわり♪
スポンサーサイト
この記事のURL | ファンティエット | CM(10) | ▲ top
ファンティエット 2
- 2007/12/17(Mon) -
yuzenzoが爆睡モードになったところでこっそりバンガローを出て、
お待ちかねの夕食です。腹減ったよー!
071217-66.jpg

リゾートから歩いてすぐのところにある「The Moon」


071217-32.jpg

こってりしたのが食べたいな~とグリルを頼んだらセルフの炭火焼だった(^^;


071217-33.jpg

2人でちまちま焼くと時間がかかってねえ(T T) おまけに、醤油をつけて香ばしい香りで周りの白人達を羨ましがらせようと思ったけど、全然香らないのだった。がっくし(爆)
でもやっぱイカは美味い!

071217-34.jpg

デザートはバナナブリュレー。いやぁ~これが美味いのなんのって!!
薄っすらリキュールの炎が見え・・・ないか。
この美味さはバナナの違いだね。モンキーバナナは超甘くて柔らかい。

10時間ぶりにありつけた食事はどれも本当に美味しいし安いっ(> <)
リゾートだからそれなりの価格だろうと思ったのに、下手するとホーチミンより安いです。
隣に座った一人出来ていたドイツ人の男性(上野と神保町を知ってるらしい)も「うまい、やすい、だよねー」とニッコニコのご機嫌だし(笑)

バンガローに残してきたyuzenzoが心配で気もそぞろだったけど、帰ったらどうやら爆睡していたようでホッと一安心でした。満腹&大満足でこの日は9時前に就寝(笑)


翌日。
071217-36.jpg

おはよー!今日もいい天気だね~
さぁ泳ぐよー!(朝からハイテンションな人は苦手なはずが・・・自分が・・・)


071217-39.jpg

アサリ漁?


071217-41.jpg

確かに小さなアサリがいるんだけど、多分これは漁じゃなくて掃除ですね。
お客さんが足を怪我しないように、ということだと思います。


071217-55.jpg

ホテル側の砂浜も綺麗に掃除中。足跡を付けるのが申し訳ない。


071217-60.jpg

朝6時とは思えぬ眩しさ。
殆ど誰もいなくてボールの持って来いなんかも出来ました!
遊びに集中のため、写真なし。でも旦那のヘロヘロな背中と、ゆずの「まだ帰らねえ」の態度で楽しさが伝わるよね?(笑)
さぁ朝ごはん食べたらまたお昼まで寝るぞ!


071217-52.jpg

朝はヨーロピアンのビュッフェ。
写真とってないし(^^;
お客の95%は白人です。


071217-50.jpg

ここからの眺めがまた最高なんです。
1日中ここに座って海を見ていたいくらいだけどね「早く帰って来い」ってテレパシーが(笑)


午前中いっぱいぐーぐー寝て(バンガローにはTVはありません)お昼前にまた泳いで、yuzenzoが昼寝突入したら今度はランチがてら周辺の散策へ出掛けてみました。
071217-42.jpg

ホテル周辺はレストランと土産物屋さん、マッサージやさん、ネットカフェなどが立ち並んでいます。


071217-43.jpg

街路樹は花がいっぱい咲いていて綺麗~


071217-44.jpg

カジノがあった!ニヤリ~
この時は私がスロットで70ドルぐらい勝ち逃げしたんですけどね、また夜行ったら赤字に転落。全くいいカモだよ我々は(笑)でも楽しかった~♪

2日目の夕方のビーチではyuzenzoの遊ぶ姿に人が集まって来たり、話しかけられたりしました。皆さん犬を飼っているんだけど、おうちでお留守番をさせているから恋しくなっちゃったみたいです。でも、一人しか撫でてくれなかったけどね~(爆)

2日目の夜も近くのレストランへ。
071217-49.jpg

「Hoang Vu」
ゴックさん曰く「世界」という意味だとか。

昨日のレストランもそうだけど、ホーチミンに比べて従業員たちが非常によく教育されています。どの人もそこそこの英語を話しますし、笑顔を絶やさず、非常に細かな気配りだし。特にこのレストランは一流ホテル並みと言ってもいいかも。旦那とかなり感動してしまいました。にも拘らず価格が安いのがまたいいのだ!


071217-45.jpg

ツナのグリルと、フライドライス、シーフードスープ


071217-46.jpg

ツナのグリル。端っこのパインはあれですが(笑)味付けはめちゃくちゃ美味い。
にんにくと味噌っぽいのが薄っすら塗ってありました。


071217-47.jpg

特大えびのグリル。こちらはあっさり塩&にんにく。


071217-48.jpg

そしてまたまた「バナナブリュレー」(笑)
昨日のと比較のつもりでしたが、どちらも甲乙つけがたいっ(> <)
これ、家でも食べたいよう。


071217-67.jpg

明日で最後だねー。
ちょっと寂しげに見えなくもないけど、それは多分私の心だな(笑)
おやすみぃ。
この記事のURL | ファンティエット | CM(6) | TB(0) | ▲ top
ファンティエット 1
- 2007/12/17(Mon) -
14日金曜日の朝から念願の海へ行ってきました!
071217-1.jpg

ここはファンティエットというところ。
ホーチミンから北上250km、車で約4時間のところにあるリゾートです。


071217-4.jpg

2泊3日の旅に運転手として同行してくれたタンさんと、14人乗りバン
7人乗り位でよかったんだけど(^^;


071217-5.jpg

後ろの座席を外してもらい、寝床確保。


071217-6.jpg

でも日本でそうしていたように、やっぱり座席で寝るぼくちんは丸いね~(笑)


071217-7.jpg

途中、カフェで一服~♪隣のカフェの犬に吠えられて応戦したら疲れちゃった(笑)


071217-11.jpg

ファンティエットまでの道はひたすらこんな感じ。山も谷もない平坦な道で、峠道を心配していたのは取越し苦労でした。
旦那曰く「大陸だもんね」
そうか、ベトナムって大陸の端っこだ。言われて初めて気がついた。


071217-8.jpg

初めてホーチミン市を脱出しました。
でもどこの女子高校生も制服の白いアオザイは同じです。


071217-9.jpg

ホーチミン市内を出ると急に教会が目立つようになります。
「だけど敬虔なクリスチャンは少ないよ」と聞いたことがありますが・・・(笑)


071217-10.jpg

牛車と後ろのゴルフの看板のギャップがなんだか悲しい。


071217-12.jpg

海だよ~~~!ついに来た~~!
タンさんがブイブイ飛ばすので3時間ちょいでファンティエットの町に到着。
リゾートはそこから10kmほど離れたあの海のほうです。


071217-13.jpg

ホテルに到着~♪「COCO BEACH RESORT」


071217-14.jpg

フロントで手続き待ち中~
プールを発見してしまった姐さんがフクロウの様に頭を動かす。見ちゃダメー!


071217-15.jpg

私たちの部屋はツインベッドのバンガローです。かわいいでしょ?
これより大きなビラタイプは2ヶ月前には既に満室で取れず。

このCOCO BEACHでは犬を飼っているので(といっても放し飼いでその辺にはいませんが(笑))我々の宿泊も快諾して下さったのでした。
でも、ベトナム人スタッフたちは案の定yuzenzoが怖くて仕方がなかったみたいで、リードつけてるのに「わー」って走って逃げていきます。そりゃないよ~(^^;


071217-18.jpg

夕方、いよいよ海へ。
でも・・・マリンスポーツで賑わってるぅ~(^^;
これじゃ危険だなあ~


071217-16.jpg

なのでロングリードを短くしてビーチを延々歩きました。


071217-17.jpg

泳ぐ気満々だったのにね、ごめんね。


071217-23.jpg

漁師さん。この網網タライ?に乗って投網漁をします。
今回は残念ながらその様子は撮れませんでした。


071217-20.jpg

耳ビィヨ~~ン  この季節は風が強いらしい。


071217-26.jpg

ウニとカニの殻。
ファンティエットは国内でも極端に年間雨量が少なく近くに砂漠もあって、そのせいか砂浜の砂が白くてきめ細かくてすごく綺麗です。


071217-24.jpg

ファンティエットの由美かおると


071217-25.jpg

地蔵(笑)


071217-22.jpg

海にジャブジャブ入れなかったけど、隅っこでこんなことして遊んでました(笑)
エンゾの切れた肉球ももう大丈夫です!


071217-21.jpg

明日は人の少ない早朝に泳ごうね!さ、帰ろう♪


071217-27.jpg

バンガロー外観。
カメラを濡らしてしまってこんな写り(T T)


071217-28.jpg

あ、その前に砂を落とします。
階段脇に足洗い用のお水の壷が用意されています。おしゃれだねえ。
因みにこのリゾートのオーナーはフランス人です。


071217-29.jpg

エンゾ飲んじゃダメー!


071217-30.jpg

シャワーの順番待ち中~


071217-31.jpg

なんだかんだ、結構はしゃいで疲れたようです(^^)
早めのご飯食べたらもう爆睡モード。おやすみ~

さぁて、お昼抜きだった飼い主はいよいよ食事に出掛けよう~♪
リゾート内のレストランは敢えてやめて、外に行くことに決定。
置いて行くのは少々不安だったけど、実際は全然大丈夫なんでした。
美味しい食事の記録はまた次回です。
この記事のURL | ファンティエット | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。